借入が必要な時には銀行の融資サービスが便利

毎日の暮らしの中でどうしてもお金が足りなくなった時には金融業者の融資サービスを活用して手軽に借入を行うと便利です。貸金業法に基づいてサービス提供を行う消費者金融と違って、銀行の借入では銀行法に則って審査や契約、それに融が行われます。両者の大きな特徴とは銀行の方が総量規制の原則が適応されず、消費者金融では不可能な年収の3分の1を越える融資も条件次第では可能です。さらに利息の面でも比較的抑制されているので借入における負担が少ないという特徴があります。ただし、消費者金融に比べると、預金者の利益を守る意味でも損失が出ないように厳しい借入条件となることもしばしば起こり得ます。もともとはサラリーマンを中心として然るべき収入を得ている人を中心にサービス提供していましたが、最近では総量規制が適応されないことも手伝って、アルバイトや専業主婦なども借りやすくなってきています。たとえばカードローンであれば最短30分の審査で回答がもたらされますので実にスピーディー。その後、すぐにカード発行を受けた上で即日融資を実現することも可能です。急ぎのお金の必要性にも十分対応できるので安心です。

このページの先頭へ