借入は返済計画を立ててから

ローンで失敗する原因の9割以上は、借入において返済計画をしっかり立てていないためです。具体的に月どれくらい返済して、ローンはいつ終わるのか把握していなければ、借金が膨れ上がってしまうリスクがあります。特にカードローンは利便性が高く、枠内であれば何度でも追加融資を受けることができます。頻繁に追加融資を受けていると、元金がまったく減りませんし、利息も膨らんでしまうのです。ローンの利用において注意したいのは、利息を決めるのは金利だけではないことです。借入額が大きくなるほど利息は膨らんで、返済が大変になっていくのです。借金が膨れ上がると、返済計画を立てることが難しく、他社から借りて返済することになりかねません。返済計画を立てられるうちは安全ですが、現在の収入で完済が難しくなったら大変です。ローンの返済が無理な場合は、低金利ローンに乗り換えるか、収入を上げるしかないのです。借入額が増えるたびに、返済を困難にしていることを自覚する必要があります。

このページの先頭へ